思索器官

日々感じたことをネットの海に残していく試み

鉄血のオルフェンズ 第49話の個人の感想

 

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ49話(二期24話)の感想

オルガがいなくなった鉄華団がどうなるのか

オルガをなくした三日月がどのように変化するのかを楽しみにしていましたが、想像と違って驚きました。失意の中でオルガの意思にとらわれた三日月が暴走するのかと思っていましたが、そこに絶望の色は無く、遺志を継いで希望の中で戦いに向かったように私には見えました。それが本当に希望だとは言いませんが。ただ三日月の演説やハッシュの死に対して人間味のある反応が描かれているように感じ、初期の姿からは想像できない三日月の姿に感慨を覚えました。(セリフではなく表情に)

ところで今回一番意外だったのはハッシュが死んでしまったことです。いや本当に死んでしまったかはわかりませんが(気絶しただけの可能性)、ハッシュはオルガと三日月の関係性に対するものとして存在しており、最終話まで生きるものだと思っていたので素直に驚きました。

 

オルガを撃ったのはノブリス

前回はオルガを撃ったのはマクギリスの差し金だと思っていましたが、結局ラスタルのためにノブリスが撃たせたことがわかりました。んー個人的にその展開はどうなのかなーと思っています。情報が漏れたのはラスタルの監視網の優秀さなのか、それともトドが売ったのかはわかりませんが、個人的には納得がいってないです。なぜなら物語の流れとしてラスタル陣営にオルガを撃たせることにどんな意味やメッセージを込めていたのかがわからないからです。現実として考えれば稚拙な脱出作戦の情報が漏れることは十分にわかりますが、それがフィクションとしてどう言った意味を持つのか、もう少し考えてみたいです。

 

マクギリスの最期

私はマクギリスがラスボスだと想像していたので、今回の結果で私の予想は大外れしたわけですが、こうなった時に最終話は全滅になってしまう可能性もでてきた気がします。マクギリスは結局私の想像していたコードギアスのルルーシュ的な人物ではなく、精神的に幼児性を残したままの大人、恵まれない子供が間違った道を進み、きっかけはあったのに踏みとどまれなかった人間として死んでしまったのも残念でした。稚拙な計画の裏には本当の目的がある、世界を変えたいという思いがあると思っていたのですが、子供の頃の恨みを晴らすことに捉われてしまっていた、というキャラクターにしてしまったのは勿体無いような気がしています。

 

大外れした私の最終話予想↓↓

www.suchibo.com

 

今日のイオクさま

今回は出番のなかったイオクさまですが、これで最終話まで生き残ることが確定しました。さすがですね。あれだけの死地をくぐり抜けたイオクさまは間違いなくこれからの鉄血世界を導いていく存在となるでしょう。有能ながらも孤独を選び道を間違えてしまった大人になりきれないマクギリスの死と、無能ながらも周りに導かれ間違いながら成長していったイオクの生、良い対比ですね!・・・なんで死なないんだ

www.suchibo.com

 

 

とにかくもう残すところあと一話となってしまったのですが、最終話は一体どうなってしまうのか。最後の戦いが宇宙戦ではなさそう(現在火星で戦っていて30分で火星を脱出して宇宙戦は無理そう)ですが、どうなってしまうのか。マクギリスの死が力にとらわれた傲慢な人間の末路としてその後の世界に何か生かされそうな雰囲気はありそうなので、マクギリスの存在意義もまだありそうな気はしていますが、とにかく最後にカタルシスを感じられない結末になったら嫌だなーと思ってます。カタルシスを感じられなくても全滅バッドエンドでもいいですが、社会に対する提案としてのメッセージ性を最後に感じさせてくれることを楽しみにしています。恵まれない子供が大人に翻弄されて終わるというのはドキュメンタリー等の方がよっぽどリアリティーやメッセージ性に溢れているので、そうじゃない悲しみの中の希望を感じさせてほしいと思います。